sd.gif (2133 bytes)
Robert Todd Carroll

SkepDic 日本語版
vertline.gif (1078 bytes)

ウスペンスキー
Petyr Demianovich Ouspensky (1878-1947)

ウスペンスキーは数学者で、グルジェフをキリストとするなら、その聖パウロ役を演じた神秘主義者。主人のオカルトやしばしば意味不明なアイデアを採りあげて、これらをわかりやすいものにした。神秘の探究--神秘の教えの断片In Search of the Miraculous--Fragments of an Unknown Teaching)や、第四の道-- G・I・グルジェフの教えにもとづく対話と質問への解答の記録The Fourth Way---A Record of Talks and Answers to Questions based on the teaching of G. I. Gurdjieff)といった著作がなければ、グルジェフのアイデアが理解されることはけっしてなかっただろう。

だが聖パウロと違って、ウスペンスキーは最後には主人への忠誠を失ってしまった。ウスペンスキーが通常人の研究協会(the Society for the Study of Normal Man)を設立して独自に信者を募ったのは、おそらくグルジェフの人の調和的発展研究所(The Institute for the Harmonious Development of Man)に対する彼の答えなのだろう。ウスペンスキーはニューエイジのお気に入りの一人として生き残っているが、これは彼がタロットの表象学:図像と数字における神秘主義の哲学The symbolism of the tarot : philosophy of occultism in pictures and numbers)、テルティアム・オルガヌム:思考における第三のカノン:世界のエニグマへの鍵Tertium Organum : the third canon of thought : a key to the enigmas of the world)といったタイトルの本を書き、東洋の神秘主義を西洋の合理主義と融合させる試みをおこなったからだろう。

関連する項目:グルジェフ (Gurdjieff)



参考文献

Copyright 1998
Robert Todd Carroll
Last Updated 11/21/98
日本語化 04/09/00

larrow.gif (1051 bytes)Ouija board

out-of-body-experiencerarrow.gif (1048 bytes)